読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こども環境フォーラム ブログ

こども環境フォーラムは、将来を担うこどもたちが、率先してこれからの環境問題に取り組み、次世代に引き継がれるよう、継続的な環境保全活動をサポートすることを目的に設立された社団法人です。

2013年度 「第1回親子農業体験」 を開催しました

活動レポート 「親子農業体験レポート」(’13年)

5月26日(日)

5月26日 (日)2013年度の「第1回 親子農業体験」を行いました。
当日は天候にも恵まれ、計13組のご家族にご参加頂きました。

まず代表の大森の挨拶で「開会式」がスタート。
その後、スタッフ、参加者全員が順番に自己紹介を行いました。




大豆の植え方を聞いてグループに分かれ畑へ出発です。

畑に到着すると、家族ごとに大豆を植えました。
40センチの間隔をあけて植えていくのですが、カラスの被害にあわないよう、カモフラージュとして大豆と同じ間隔で別の草を植えていきました。



この作業をすると、カラスは「ほかの植物が育っている」と思い込むのだそうです。
育った大豆は、10月に“枝豆”として少しだけ収穫します。
収穫しなかったものは、11月までそのまま乾燥させ、1月に味噌などに加工する予定です。




畑の名前を考え、看板を作ろう!

家族ごとに畑の名前を決めて、看板を作りました。
木のプレートに墨で名前を書きました。なかなかの力作ぞろいでした。





班で協力して 、さつま芋を植えよう

今度は別の畑に移動し、班ごとにさつま芋を植えました。
初めて班で行う共同作業に、少し緊張したかな?!






お楽しみ!!ランチタイム♪

ランチは、各家庭から持ってきたおにぎりと、昨年度も大好評だった「くすのき農園」の伊藤さんお手製「ご飯のおともバイキング」!!
「くすのき農園」産(無農薬!!)のお野菜を使った“ごはんのおとも”は、参加者にもスタッフにも大好評でした。



あまりにも美味しくてレシピを教えてもらうお母さんもいらっしゃいました。
切干大根や梅干、ドレッシングに至るまで全て手作り!!
伊藤さん、今回も前日からのご準備ありがとうございましたm(_ _)m




大豊作!!いちご狩り
ランチを済ませた後は、いちご畑へと向かいました。
時期的にあまり取れないだろう、と思っていたのですが・・・畑には真っ赤ないちごがたくさんなっていました。


こども達もトレーいっぱいにいちごを狩って、その場でいただきました。
ほとんど酸味がなく、とっても甘いいちごにみんな大満足でした!




親子で工作!!プランター作り
午後の体験はプランター作りを行いました。
慣れないドライバーを使って、こども達も頑張りました!
親子で協力して作ったプランターには、好きな野菜の苗や種を植えて持ち帰り
各ご家庭で育ててもらいます。
たくさん収穫できる日が待ち遠しいですね♪


楽しい1回目の農業体験はこれで終了。
次回は、田植えと食育セミナーがあります。
参加者の皆さんお楽しみに!!